土手加藤材木店

東京 台東区で3階建て住宅 2世帯住宅での注文住宅を建てるなら - 土手加藤材木店

ビルトインガレージのメリットとデメリット
都内の3階建て住宅の中には建物の1階部分を車の駐車スペースにしたビルトインガレージがあります。   狭い土地でも車の駐車スペースを確保できるビルトインガレージにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、ビルトインガレージのメリットとデメリットをご紹介します。 ビルトインガレージとは? ビルトインガレージとは、住宅の内部に車などの駐車スペースを設けたものをいいます。   車が入るように建物の1階部分に大きな開口部があるのが特徴です。   特に都内の狭小地では3階建て住宅にして1階部分に車を駐車するスペースとしてビルトインガレージを設けて2、3階を居住スペースにするケースが増えてきています。 ビルトインガレージのメリット 1階部分をビルトインガレージにすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 狭小地でも駐車スペースを確保できる やはり一番のメリットと言えば、狭くて小さい土地でも駐車スペースを確保できるということではないでしょうか。   都内の狭小地では、敷地内に住宅とは別に駐車場を併設することが難しい場合がほとんどです。   ビルトインガレージならば1階部分を駐車スペースとして確保することができます。   これにより自分の敷地内に車を駐車することができるので、駐車場を別に借りる必要がなくなり駐車場代がかかりません。 2 車を雨風から守れる 車を駐車している所が建物の内部なので雨や風があたることがなく車を守ることができます。   他にも、ビルトインガレージにシャッターを取り付けることで盗難やいたずらなどの防犯面においても車を守ることができます。   特に、車好きの方にとっては、外部に車を晒すことがないので安心できますね。   3 趣味の空間 ビルトインガレージは、駐車スペースだけではなく自分の愛車をいじったり眺めたりして楽しむことができる趣味の空間として最適です。   また、車を整備するための工具なども置けるだけでなく、車以外のアウトドア用品などを手入れする場所としても活用することができます。 ビルトインガレージのデメリット ビルトインガレージにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?   3つのデメリットをご紹介します。 1 強度が弱くなってしまう 1階部分に大きく開口部をつくるので構造上、強度が弱くなってしまいます。   ですから、地震などの災害に弱い家になってしまう可能性があります。   柱で支えている木造住宅の場合は、あまり大きな開口部を設けることができないので、大きさによってはビルトインガレージにすることが難しい場合もあります。 2 間取りが限られる 駐車スペースを余分に1階に確保するので、間取りの配置が限られてきます。   ですから、リビングやキッチン、寝室などをどの階に配置するのか良く考えてからビルトインガレージを検討した方がいいです。   例えば、3階建てでは1階をビルトインガレージにして2階にリビング、3階に寝室などのパターンがあります。 3 車の排気に気をつける ガレージの中は車の排気の臭いやエンジンをかけている時の音などが気になる場合があります。   ですから、換気扇を取り付けたり防音対策などが必要になってきます。   他にも、ガレージの中は暗くなりがちなので照明やコンセントを設置することも必要です。 最後に 今回は、ビルトインガレージのメリットとデメリットをご紹介しました。   車を駐車するスペースだけではなく、趣味を楽しむ空間として使えます。   メリットとデメリット両方を考慮したうえで検討してくださいね。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-07-05 03:11:00
3階建てにも最適!2階リビングにする5つのメリット
// 一般的に1階に配置されることが多いリビングですが、都内の狭小地や3階建ての場合は2階にリビングを配置するプランもあります。   家族が最も集まる空間になるのはやはりリビングですから、どこに配置するのかが重要になってきます。   あえて2階にリビングを配置することで明るく開放的にすることができます。   今回は、2階にリビングを配置した時の5つのメリットをご紹介します。 2階にリビングを配置した時のメリット 2階リビングにした場合にどのようなメリットがあるのでしょうか?   リビングを2階に配置した時の5つのメリットをご紹介します。 1 日当たり良好 2階リビングにすることで1階よりも日当たりが良くなります。   2階なので大きな窓やトップライトを設置しやすく、採光や通風を確保できて快適に過ごすことができます。   他にも、日当たりの良さだけではなく見晴らしも良くなるのが魅力です。   ですから、日当たりも良く見晴らしも良いので明るく開放的なリビングにすることができます。 2 狭小地に適している 2階リビングは周囲が建物に囲まれている狭小地に適しています。   都内の狭小地で1階にリビングを配置した時になかなか採光の確保などが難しく暗いリビングになってしまう場合もあります。   2階にリビングを配置すれば、狭小地でも明るいリビングが可能になります。 3 3階建てにも適している 先程もご紹介した狭小地と同じように3階建ては縦方向に空間を利用できるので2階リビングと相性がいいです。   3階建てで2階にリビングを配置することで3階は寝室にして、1階を居住空間ではなくガレージや店舗にすることも可能なので間取りの自由度が広がります。 4 プライバシーの確保 2階にリビングを配置すればプライバシーの確保になります。   リビングが1階にあって隣の家との距離が近い場合は、隣の家や通行人などの外からの視線が気になることがあります。   視線が気になるためリビングのカーテンを一日中閉め切ったままにしているというケースもあります。   ですから、2階リビングにして窓の位置も工夫すれば視線を気にせずに過ごすことができます。 5 天井高の確保 これは2階建ての場合に限られますが、リビングの上が屋根になるので天井を高くしやすいです。   他にも、屋根の形状を活かして勾配天井にすることで広々としたリビングにすることができます。 最後に 今回は、2階にリビングを配置した時のメリットについてご紹介しました。   リビングをどこに配置しようか迷っている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-07-02 02:48:00
カンナくずを無料で差し上げます
// 現在、弊社事務所にて新築工事の過程で出たカンナくずを無料で差し上げています。   カンナくずの利用法にはカブトムシやクワガタの飼育やハムスターなど小動物のペットの敷物として使うことができます。   他にも、何か有効利用したい方は是非、取りに来てください。 // 限りがあるので欲しい方はご連絡ください。   TEL:03-3876-2296(AM9:00~PM18:00 日・祝日除く)   ※弊社事務所まで取りに来てくれる方に限ります。   土手加藤材木店事務所:東京都台東区東浅草1-13-6 目的地までのルートを検索 ここから: 目的地: 検索 説明書を印刷 検索をリセット // ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-07-01 19:52:00
Jパネルと屋根の断熱材の施工が完了です
//   こんにちは。   大工見習いの眞利子(まりこ)です。   1週間ぶりの現場施工ブログです。   先週まではJパネルが途中までしか張れなくて、   養生シートを張りっぱなしの状態でしたが、   ここ数日天気もいいので屋根下地工事が順調に続いています。   まずはJパネルの施工が完了し、   登り梁の上に綺麗に取り付けることが出来ました。       //   このJパネルは屋根下地の野地板の役目もありますし、   それに加えJパネルをそのまま化粧の表しにしています。   台東区は防火地域が多いのですが、   上野桜木は準防火地域なので、   このように梁や野地板をそのまま化粧にして見せることが出来るのです。(社長が言っていることをそのまま書いています)   下小屋でカンナで必死に削った杉の化粧梁とJパネルがすごくきれいです。     //   Jパネルの施工が完了して次にこのJパネルの上に屋根垂木を取り付けます。   屋根の長手方向が長いので、   屋根垂木がまっすぐに取付けられるように墨をうって垂木の取付ラインを出します。   屋根たる木の高さが120mmあるので、   止め付けるビスもすごく長いです。     //   屋根垂木の取付が終わったので、   垂木の間に断熱材のネオマフォームを敷き詰めていきます。   今回の現場では断熱材ネオマフォームの総厚みが120mmになっています。   このネオマフォームという断熱材の性能はかなりいいようで、   張った後の屋根の下は涼しいのがうれしいです。     今回の施工ブログはここまでです。   次回も頑張りますのでよろしければ見て下さい。       ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-07-01 02:42:00
読み続けたい。一冊の本に出会って
  見習い大工の眞利子です。   今日は、自分に一番影響を与えてくれた、一冊の本について話したいと思います。   中学生のとき、将来の夢について書いた作文を国語の先生が大変気に入ってくれて、「君はこの本を読むべきだ。」と貸してもらった本です。   初めて読んだときは、専門用語や漠然と中学生が想像しているものをはるかに超える内容に、話の半分も理解できませんでした。   ですが、この本には何か特別なものが隠れているようで、読めば読むほど吸収できるものがある気がします。   本を返し、進学してからも、もう一度読みたくて単行本を買ったくらいです。   その本の名前は「木に学べ」と言います。   //   この「木に学べ」は、進行中の寺院修復工事を担う一人の宮大工棟梁が語り口調で分かりやすく現場の様子を語ってくれています。   大工道具の種類や使い方、材料となる桧の話など宮大工でなくとも為になる知識から、棟梁が実際に作業現場を歩きながら細かく説明してくれています。   その中で、棟梁が繰り返し言っている言葉があります。   「千年生きた桧は材料になってからもまた、千年持つ」   「木のクセを組む」   実際この本を持って、棟梁の修理した奈良のお寺に行ったことがあります。   そこには、千年前から一度も倒れたことのない建物群が軒を連ねていました。   現代建築を見た時の圧倒的な存在感とは少し違った印象、空気感がしたのを覚えています。   とても優しい、ずっとここにいたいと思える空気がありました。   西岡棟梁が昭和の大修理で、創建してからはじめて解体修理された法隆寺。 山門と五重塔。 実際に訪れた時の写真です。 //   最後の章では『口伝』というのが紹介されています。   口伝とは宮大工の心構えのようなもので、材料に関する決まりや建物を造る根底にある考え方が10項目程度あげられています。   どれも一見古臭く、今では実践するのも不可能に近い内容も含まれています。   ですが、どれもごく単純で当たり前なことを言っていると思います。   この本は今でもたまに読み返します。   特に、迷っていることがあるとき。   自分は今、何をしているんだろうと感じた時には読み返してみます。   仕事とは全く関係の無いことでもこの本を読み返すと、原点に戻れた気がするからです。   まっすぐに仕事に打ち込み、成し遂げた棟梁に憧れているのかもしれません。   毎日、反省と後悔ばかりですが、そんなときこそこの本を読んで気持ちを引き締められたらいいと思います。   ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-30 17:54:00
いい家をつくって長く住む 長期優良住宅とは?
// 皆さんは「長期優良住宅」というものを聞いたことがありますか?   長期優良住宅にすることで補助金や住宅ローン控除などの制度で一般の住宅よりも多く恩恵を受けることができます。   今回は、長期優良住宅とはどのような住宅なのか、具体的な認定基準などをご紹介します。 長期優良住宅とは? 長期優良住宅とは、「いい家をつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」というストック型社会の転換の流れで、住宅の寿命を延ばす目的として平成21年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されるようになって、それに基づいた認定制度を受けた住宅の事をいいます。   分かりやすくご説明すると、長期にわたって良好な状態で長持ちさせる住宅を長期優良住宅といいます。   長期的に良好な住宅にするためには、維持管理やメンテナンスのしやすさなど必要な条件がいくつかあり、その厳しい基準を満たすことで認定を受けることができます。 9つの認定基準とは? 長期優良住宅の認定を受けるには、主に9つの認定基準をクリアしなければいけません。   9つの認定基準をご紹介します。 1 耐震性 極めてまれな大地震が発生した場合に対して、建物の損傷をなるべく抑えて改修が容易にできる耐震性が必要になります。   例えば、建築基準法で想定している1.25倍の地震でも耐えられる耐震等級2以上が必要になります。 2 省エネルギー性 省エネルギー性が確保されていることが基準になります。   これは、壁や天井、床、屋根、開口部など家全体の断熱性能を高くする必要があります。 3 劣化対策 住宅の構造体が数世代にわたり使用できる耐久性が必要になります。   おおよそ100年程度(3世代)を継続して使用できる耐久性が目安になっています。 4 維持管理・更新の容易性 構造体と同様に住宅の内装や設備も長く使わなくてはなりません。   しかし、内装や設備は耐用年数が短いので、清掃や点検、補修などが容易に行うことができる維持管理が必要になってきます。 5 居住環境 そこに住み続けるわけですから、その地域の住居環境の維持や向上に配慮が必要です。   ですから、その地域の景観などを乱すことなく調和することが大切です。 6 住戸面積 住みやすい居住を確保するために以下の面積が必要になってきます。 一戸建て住宅:75㎡以上少なくとも1階の面積が40㎡以上 マンション:55㎡以上   ただし、この基準は地域によって様々で異なる場合があります。 7 可変性 この可変性に関しては、マンションなどの共同住宅に適用される条件です。   住まい手の将来のライフスタイルの変化により、間取りの変更が可能であることが求められます。 8 バリアフリー性 マンションなどの共用部分に適用される条件です。   高齢者が使いやすいように、バリアフリー改修が将来できるようなスペースが確保されていることが求められます。 9 維持保全管理 長期優良住宅を維持するために定期的な点検や補修などの計画を定める必要があります。   少なくとも10年ごとの定期点検が必要になります。 最後に 今回は、長期優良住宅についてご紹介しました。   家づくりをご検討中の方は参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-27 19:24:00
地震に負けないように筋かいを取付けました
筋かいを取り付けています //   こんにちは。   大工見習いの眞利子(まりこ)です。   化粧野地板のJパネルを取り付けたいのですが、ここ数日の天候の急変でなかなか取り付けることが出来ません。   Jパネルは雨にあたらないようにしないといけないので仕方ありません。   あせって施工するのは良くないので、天候の回復を待つことにします。   雨で屋根工事ができないので、筋かいの取付を始めることにしました。   前回のブログでもご紹介しましたが、   Jパネルの養生シートが屋根一面に貼られているので雨が降っても下はあまり雨の影響が無いんです。   この養生シートは本当に優れものです。   筋かいは斜めに取り付ける斜材の事で、   地震の揺れに耐えるために取り付ける重要な部材です。   // //   柱と梁の間にある斜めの部材が筋かいです。   図面とにらめっこして指定の場所に筋かいを取り付けていきます。   私は図面に筋かいの場所をマジックで色付けしておくことにしています。   こうすると取り付ける場所を間違えないで済みます。   // //   この金物は筋かい金物と呼ばれるもので、   柱と筋かいの接合の為に取り付ける金物なんです。   この金物を取り付ける理由は、   筋かいが斜めなので地震の揺れの時につっかえ棒のようになってしまいますので、   その時に外れないようにするための大切な金物です。   取り付けるためのビスはメーカー指定のビスを使用します。         // //   この金物を柱と筋かいの両端部に取り付けていきます。   ビスの本数が多いので、1本の筋かいを取り付けるのにも時間がかかります。     // //   次にホールダウン金物を取り付けました。   この金物は基礎から繋がっている金物で、基礎と柱を強固にするために付ける金物なんです。   柱の下にはホゾと呼ばれる凹凸があるんですが、   地震の時にこのホゾが引き抜かれないようにするための耐震用の金物です。   この金物を柱の根本と先端の両方に取り付けていきます。   大変なのはこの金物の種類が多いので、図面とにらめっこして取付場所を間違わないようにします。   私は図面にホールダウンの場所を蛍光ペンで塗っておくようにしています。   こうすると間違いがありません。   // //   こちらはホールダウン金物と同じ働きの背割りプレートです。   この金物を取り付ける場所は、   柱に大きな力がかからない所に付けますが、   この金物も柱のホゾが抜けないようにするための金物です。   柱や土台や筋かいの接合部にはこのように色々な金物で固定させて、   地震の時に耐えるようにします。   今回の私の現場ブログは以上です。     ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-24 00:34:00
趣味は旅行に建築散策。「御朱印集め」にはまってます!
  見習い大工の眞利子です。   今日は、自分のいくつかある趣味の中からひとつ紹介したいと思います。   それは、神社などでいただける「御朱印」を集めることです。   御朱印とは、もともと神社やお寺にお参りした際に参拝のしるしとしてその神社の名前などを書いてもらったのが始まりだそうです。   お寺ではお経を写した「写経」を収めるのと引き換えに御朱印をいただくのが正式なもらい方だそうです。   御朱印をもらうには「御朱印帳」という専門の手記帳が必要です。   これが自分の持っている御朱印帳です。   (左から台東区飛不動。表参道乃木神社。茨城県鹿島神宮。奈良東大寺さんでいただいた御朱印帳)   //   なぜ御朱印集めを始めたかというと、休日にやっていた「建築散策」がきっかけでした。   自分は古民家や社寺建築を見るのが好きなので、よく自転車に乗って街中を走ったり、有名なお寺を訪ねたりしています。   東京でも、また有名ではなくても建物としてとても魅力的なものがたくさん街中には隠れています。   ですが、理由もなくそういった建物の敷地に入るのはなにか悪いことをしている気がしてなかなかできませんでした。   そんな時に知ったのが御朱印の存在です。   ちょっとした神社でも御朱印をいただけるところは結構多いです。   しかも、お寺では大概建物の中で書いていただけるためその間に室内も見学することができるのです!   罰当たりかもしれませんが好きな建物を観るために、とてもありがたいシステムだと思います。   //   ですが最近では、御朱印自体の魅力にも気付くようになりました。   上の写真は、昨年の夏に奈良県でいただいた御朱印の一部です。   文字は全てお寺の方の手書きです。   筆で丁寧に一枚一枚書いていただきました。   達筆な文字とお寺ごとに特徴の違う朱印がとてもきれいで後から見てもとても楽しいです。   ちなみに真ん中の御朱印は東大寺の大仏殿でいただいたものです。   「華厳けごん」と読むそうです。   最近はなかなか時間もないので建築散策できていません。   今年の夏はまた奈良か、初めての富山県に行ってみたいと思っています。   たくさんの建物と地元の雰囲気を感じることが将来住宅の仕事にも活かせればいいなと思っています。   ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-23 17:59:00
シックハウス症候群とは?原因や対策をご紹介します
// 現在、住宅で問題となっているのが室内の空気汚染によってそこに住む人の健康に悪影響を与えてしまう「シックハウス症候群」があります。   今回は、シックハウス症候群とは何なのか?原因や対策をご紹介します。 シックハウス症候群とは? シックハウス症候群とは、主に住宅を新築やリフォームした時に、そこで使われている建材等から化学物資が発生して、それが人体に悪影響を与えてしまい健康障害が起きてしまうことです。   つまり、室内の空気が汚染されることによって起きる様々な健康障害を総称してシックハウス症候群と呼びます。 どのような症状があるの? シックハウスの症状には様々なものが挙げられます。   代表的な症状は以下の通りです。 頭痛がする 吐き気や息切れ のどの痛みやイガイガする 目がチカチカする 鼻水、くしゃみ 湿疹ができる   このような症状が出てきますが、人によっては全く影響を受けない場合もあり、与える影響には個人差があります。 シックハウスの原因は? シックハウスの原因の多くは、住宅に使用されている建材や壁紙などから発生する有害な化学物質です。   この有害物質は住宅の建材以外にも、家具やカーテン、消臭剤などの日用品からも発生する場合もあります。   他にも、住宅の気密性が高くなったことにより、有害物質が室内にこもりやすくなってしまい換気も充分に行われていないことが原因と言われています。   また、住宅内で発生するカビ・ダニ・細菌、タバコの煙や石油ストーブから出る一酸化炭素なども原因とされています。 シックハウス症候群の対策 シックハウス症候群にはどのような対策を行えばいいのでしょうか?   3つの対策をご紹介します。 1 カビ・ダニの発生を抑える カビやダニの発生を抑えることが大切です。   ですから、発生の原因を見つけて掃除や換気を徹底しましょう。 2 室内の換気 新築やリフォームをしてすぐは建材等から有害物質が多く発生しやすいので換気と通風を充分に行うようにしましょう。   また、24時間換気システムは常に運転している状態にしておきましょう。   窓を開けて換気をする時は複数の窓を開けてきれいな空気が入るように換気をしましょう。 3 自然素材で対策 壁や床の内装材に自然素材を使うことでシックハウスの対策になります。   例えば、床を無垢フローリングにすることで無垢材特有の調湿作用でカビやダニの発生を抑えてくれます。   もちろん、有害物質を一切含んでいないのでシックハウスの対策になります。   他にも、壁などに使われている塗り壁材の珪藻土や漆喰は有害物質を含まないだけでなく、室内の有害物質を吸着、分解してくれます。   ★自然素材について詳しくはこちら⇒「こだわりの家づくりをするための4つの自然素材をご紹介」 最後に 今回は、シックハウス症候群について原因や対策をご紹介しました。   新築やリフォームをご検討中の方はシックハウス症候群について知っておくことも大切ですよ。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-21 02:47:00
化粧野地板Jパネルの養生
大工見習いの眞利子(まりこ)です。   現場ブログを担当することになりました。   頑張りますので暇な時に読んでみてください。   今回は屋根の施工です。   杉の登り梁の上にJパネルという化粧の野地板を敷き込むのですが、   Jパネルが現場に届く前に養生シートを先に屋根に敷いてみました。       //   登り梁の上に会社から届けられた養生シートを敷いたところです。   今は梅雨なので養生シートは必需品です。   今回の現場の為に特注で作った養生シートです。   ブルーシートにくるまれているのは地松の太鼓梁です。   このシートはまだ剥がすなという社長の命令なのでこのままにしています。         //   シートの上から撮った画像です。   これで急な雨にも十分対応できるので現場で作業していても安心です。   これだけ養生を万全にする理由は、   登り梁の上に取り付けられる化粧野地板Jパネルを雨から守るためです。   通常のブルーシートよりかなり表面がしっかりしているので、   材木の角などでできる損傷が減ります。   もう一つこの養生シートを敷き込むと日中日陰になるので結構涼しいです。   雨と日射の両方に対応できるスグレモノです。   画像は片側だけですが、切り妻屋根の両方にこの養生シートがかけられています。     このシートのお蔭で雨対策は万全になりました。   これで作業に集中できますので次回のブログをお楽しみにしていてください。          
更新日:2016-06-18 02:35:00
住宅見学会に参加する前に知っておきたいポイントは?
// 家づくりを考えている方にとって、家づくりのイメージなどの参考になるイベントがあります。   それは、施工会社が定期的に開催している住宅見学会です。   住宅見学会に参加することで、より家づくりのイメージがしやすくなります。   今回は、住宅見学会に参加する前に知っておきたいポイントをご紹介します。 住宅見学会に参加するメリットは? 家づくりを考えている方は積極的に参加した方がいいですよ。   なぜ、参加した方がいいのか3つのメリットをご紹介します。 1 実際に見ることで家づくりを学べる 資料がパンフレットなどではわからない部分を住宅見学会では見ることができます。   やはり、完成した住宅や建築中の現場などを自分の目で実際に見ることができるので良い勉強になります。   ですから、見学会は家づくりを間近で学べる貴重なイベントになっています。 2 疑問や不安に思っていることを聞くことができる 家づくりを考えるうえで疑問に思っていることや不安に感じていることを聞ける良い機会でもあります。   施工会社の担当者に遠慮せずに疑問や不安に感じていることを聞いてみましょう。 3 施工会社を更に知ることができる 直接、施工会社の人と話をすることができるので更にその施工会社を知ることができます。   また、実際に施工した住宅を見ることでその施工会社がどのような仕事をしているのかを知ることができます。 住宅見学会に参加する時のポイント 見学会に参加する時に知っておきたいポイントをご紹介するのですが、住宅見学会と一口に言っても様々なタイプがあります。   大きく分けると3つのタイプの見学会があり、それぞれの特徴とポイントをご紹介します。 1 構造見学会 外部が塞がる前の基礎の段階や構造の骨組みを見ることができるのが構造見学会となっています。   完成してからでは決して見ることができないので、普段は見えない部分を見ることができる貴重な見学会です。   構造見学会のポイントとしては、どのような工法で建てられているのか、構造材(柱や梁)にはどのような素材が使われているのか、耐震や断熱に関してのことなどを聞いてみましょう。   他にも、現場がきちんと整理整頓されているかなど現場の状況をチェックすることも大事なポイントになってきます。 2 完成見学会 施主に引き渡す前、つまり完成したばかりの住宅を見学することができるのが完成見学会です。   施主の要望に合わせて施工会社がどのように工夫や提案をしたのかを見ることができます。   完成見学会のポイントとしては、施工会社がどのような姿勢で家づくりを行っているのか、提案力やデザイン力はあるのかなどを実際に完成した住宅を見学して確認しましょう。   施主の要望にきちんと対応できているか、外観や内装などの仕上がりはどうかなどを確認してみましょう。 3 OB宅見学会 すでに、人が住んでいる住宅を見学させてもらうのがOB宅見学会です。   完成見学会と違い、家具などが配置されていてそこに住んで生活をしている住宅を見るのでは、また印象がかわりますよ。   OB宅見学会のポイントとしては、施工会社になかなか聞きにくいことをOB客に聞いてみましょう。   その時は事前に質問したいことをまとめてメモをしておきましょう。 最後に 住宅見学会を見に行けば色々と参考になるので積極的に参加することをおすすめします。   その時は、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-18 02:08:00
サシガネ使い、「四方転びの椅子」つくりました
私は今、週に一度職業訓練校に通っています。   図面などの勉強と一緒に実技というのがあります。   今回は、先週の実技で作った「四方転びの椅子」について話したいと思います。 // 「四方転び」というのは椅子を支える足が斜めに倒れていることを言います。   こうすることでバランスがよく、安定した椅子になるわけです。   なぜ大工の訓練校で椅子を作るのかというと、この椅子を作るときに使うある道具がとても重要な役割を持っているからです。   その道具が「さしがね」という直角に曲がった定規です。   家を建てる時も、椅子を作るときでも一番最初に行う作業が墨付けです。   墨付けとは、材料を加工するとき必要なしるしを付けることをいいます。   今回の実技では、材料に墨付けをすること。特にさしがね使いを学ぶことが目標でした。   ただまっすぐに足が付いていれば、材料の長さとホゾと呼ばれる継手部分だけ墨付けすればいいのですが、   足が斜めに転ぶことで正面から見た長さより実際の材料は長くならなければなりません。   その長さの違いをさしがね一本で出すことが出来るのです。   学校では基本図から各寸法を計算する「勾股玄法・こうこげんほう」を使って墨付けしています。 // 今回は、二日間で墨付けから加工までの作業だったのですがかなり難しかったです。   私自身、今回の目標として墨付けの精度を上げようといつも以上に気合をいれて取り組みました。   墨付けで一番苦労したところは、やはり四方転びの足でした。   特に、平面図からホゾの位置を転びなりに計算して墨する作業で悪戦苦闘しました。   丸一日墨付けし、次は刻みです。   //   刻みでは、材料が小さいために体の置き方にも気を使います。   今回は特に真四角ではない材料もあるので同級生の中にも怪我をする人がいて気が抜けません。   ですが加工は楽しいです。   ノミやカンナなど、手道具を使った作業ほど充実した時間はなかなかありません。。   しかし課題も多く残る結果となりました。   継手の固さや道具使いでもまだまだ未熟であることを思い知らされました。   来月はさらに精度の求められる「四方転びの脚立」作りです。   今回の反省も含めて、より精度の高い作品にできるよう頑張りたいと思います。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-16 17:51:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
住宅ローンを組む時にかかる諸費用にはどんなものがあるの?
// 家を建てる時の資金調達としてほとんどの方は住宅ローンを利用すると思います。   そこで住宅ローンを組む時にはどのような諸費用がかかるのでしょうか?   諸費用は住宅ローンを組む時の契約内容や金融機関によって異なってきますが、今回は一般的に必要になる諸費用を5つご紹介します。 1 印紙代 住宅ローンの契約を結ぶ時に必要になる諸費用です。   契約を結ぶ場合には印紙税を納めなければならなく、その時に契約書に貼る収入印紙の費用が印紙代です。   この印紙代は、住宅ローンの契約に限らず土地を購入する際の契約や施工会社との工事請負契約などの契約書を締結する場合にも必要になってくる諸費用です。   印紙代の金額は住宅ローンの借りる額によって違ってきます。   印紙代の税額は以下の通りです。 借入額100万円超え500万円以下⇒印紙代2000円 借入額500万円超え1000万円以下⇒印紙代10000円 借入額1000万円超え5000万円以下⇒印紙代20000円 借入額5000万円超え1億円以下⇒印紙代60000円 2 融資事務手数料 融資を受ける金融機関に支払う事務手続の手数料です。   この融資事務手数料には定率型と定額型の2つのタイプがあります。 定率型 借入額によって手数料の金額が変わるタイプです。   金融機関によって変わりますが借入額×1~2%が目安となっています。   定率型は比較的手数料が高くなりがちですがその分、金利が低くなる場合があります。 定額型 借入額がいくらになっても支払う手数料は一定のままです。   手数料の目安としては3~5万円程度が相場とされています。 3 抵当権設定登記費用 住宅ローンを借りる際には抵当権設定の登記をしなくてはなりません。   その時に登録免許税を納めるための費用が必要です。   登録免許税の費用としては借入額×0.4%を支払います。   例えば、3000万円の借入額の場合は3000万円×0.4%=12万円となります。   また、登記の手続きをしてくれる司法書士に報酬として抵当権設定登記手数料を支払います。   司法書士によって様々ですが5~10万円程度が相場となっています。 4 保証料 もしも、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、自身の代わりに金融機関にローンを返済する保証会社に支払う費用が保証料です。   保証料の支払い方には、最初に一括して支払うタイプと金利に上乗せして支払うタイプがあります。 5 団体信用生命保険料(団信) 団体信用生命保険(団信)とは、もし返済の途中で死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に保険金で住宅ローンの返済をするというものです。   民間の金融機関のほとんどがこれに加入することが条件となっていて、その際に必要になってくる費用が団体信用生命保険料です。 最後に 今回は住宅ローンにかかる諸費用をご紹介しました。   住宅ローンの利用を考えている方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-13 01:30:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点
// 都内では狭くて小さい土地(狭小地)に家を建てる狭小住宅が多くあります。   狭小住宅は都内で限られた予算で家づくりをする方にとっては比較的に手の届きやすい住宅と言えます。   ただ、狭い土地に建てるわけですから、いくつかの注意点に気を付けておかないと暮らしにくい住宅になってしまいます。   そこで今回は、狭小住宅を建てる時に気を付けておきたい3つの注意点をご紹介します。 なぜ、狭小住宅は都内に多いの? 都内では、どうしても他の地域と比べると土地の価格が高いので、土地代だけで多額の費用がかかってしまい肝心の建築費に費用をかけられないというのが現状です。   ですから、できるだけ価格の安い狭小地を購入してそこに住宅を建てる狭小住宅が増えています。 気を付けておきたい注意点は? 狭小住宅で快適に過ごすためには気を付けておきたい注意点があります。   3つの注意点をご紹介します。 1 収納スペースの確保 狭小住宅は狭い土地に建てるわけですから、リビングなどは広々とした間取りにしたいですよね。   しかし、広い空間を優先してしまい収納スペースの確保が不十分になってしまったというパターンがよくあります。   ここでの注意点としては、現在の住まいにどれくらいの収納物があるのかを確認して、どのくらいのスペースが必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。 2 生活動線を考える 狭小住宅の多くは縦の広がりを利用した三階建てにすることで限られた土地でも有効に活用することができます。   この三階建てで注意することは、階数が多いのでどうしても生活動線の上下の動きが多くなってしまうことです。   ですから、生活動線をしっかり考えた間取りにしないと上下階を何度も昇り降りしなくてはいけなくなります。   建てた時は上下階の行き来が多くてもそんなに気にならないかもしれませんが年を取って、足腰が弱ってくるとかなり大変になります。 3 建築制限や法的規制を受けやすい 家づくりにおいて建築の制限や法的規制は守らなければいけません。   狭小住宅は土地が狭く、お隣との距離も近いので建築に関する制限や法的規制を受けやすい場合が多いです。   例えば、建物の高さの上限を制限する高さ制限などを受けて、思い通りの住宅にすることができない場合があります。   ですから、事前に施工会社にその土地にはどのような制限や規制が関わってくるのか確認しておきましょう。 最後に 狭小住宅は都内で憧れのマイホームを手に入れるという夢を現実的にしてくれます。   今回の3つの気を付けておきたい注意点を参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 23:10:00
天王祭に行きました!
おはようございます。   関東もとうとう梅雨本番、不安定な天気が続いていますが各地では様々な行事も盛んに行われているようです。   私は先日、荒川区にある素戔嗚神社の「天王祭」を拝見させていただきました。   昭和通りに面したこの大きな神社は六十一町が氏子に属するため、大人神輿から子供神輿まで総勢百基を超える御神輿が町中をねり歩くとても勇壮なお祭りです。 // 天王祭の特徴は、その御神輿の多さだけではありません。   二天棒と言われる前後二本のみの担ぎ棒によって御神輿を左右へ大きく揺する『神輿振り』が最大の特徴です。   今回初めて神輿振りを拝見させていただいたのですが、その迫力と豪快さに圧倒されてしまいました。   私と同じくらいの若い方を中心にかなり小さな子も御神輿を担ぎ、街全体がひとつになっているように感じました。   // 私自身、お祭りなどの地域行事がとても好きです。   今年の9月には地元の大祭に私も担ぎ手として参加する予定です。   下町の一体感と豪快さにはとてもかなわないですが、地元に残るそういった行事に参加し守っていくのも大切なことと思います。     ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-08 17:57:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット
// ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。   二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?   そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。 なぜ、二世帯住宅が増えているのか? ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。   その理由としては・・・ 親の老後の事を考えて 現在の住まいの老朽化 子供の面倒を頼める 家族が一緒に生活した方が安心 家事などを協力できる などの理由が多く挙げられます。   他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。 二世帯住宅のメリット 二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 家事や育児をお互い協力できる 親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。   特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。   親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。   他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。   ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。 2 建築費用を抑えることができる 二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。   例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。   他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。 3 安心感がある やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。   何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。   親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。 二世帯住宅のデメリット 二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。   3つのデメリットをご紹介します。 1 価値観やライフスタイルの違い 二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。   洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。 2 生活のリズムが合わない 生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。   特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。   このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。 3 プライバシーが気になる 同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。   物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。 最後に 今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。   家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-07 03:16:00
大工見習いブログはじめました!
初めまして、これからブログをはじめさせていただきます、大工見習いの眞利子と申します。   よろしくお願いします。   今日は、その第一回目ということで簡単な自己紹介からさせていただこうと思います。   私は大工見習いになって今年で三年目になります。   大工さんになりたいと思ったのは中学生の時でした。   ものごころついた頃から絵を描いたり、工作が大好きでしたし、生まれ育った家が祖父の建てた木造の家だったこともあって家を造る大工という職業が一番身近だったのかもしれません。   ちょうど高校進学を考える時期でもあり、工業高校の建築科へ進学しました。   しかし高校での木造の勉強は一年間しかなくあとはコンクリートの強度実験やRC工法の図面書きなど自分の目指していたのとは少し外れた勉強を主にしていました。   その間建築に関する本を読んだり、日本の伝統的な建築を見に奈良県へ一人旅をしたりもしました。   実際の木材に触れたくて放課後の時間で大工技能士の練習した日々もとてもいい経験になってます。   一緒に練習した仲間とは今でも仕事も含めていろいろなことを話し合える間柄になれました。   現在は親方の下で、毎日木材に触れる仕事ができ一日一日がとても充実しています。   早く一人前の職人になれるようこれからも頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
更新日:2016-06-02 17:55:00
住宅ローンを組む時に知っておきたい4つの流れ
// 住宅ローンを組んで家づくりを行う人は多いと思います。   ただ、住宅ローンは申し込めばすぐに融資を受けられるわけではありません。   住宅ローンを利用するには審査や書類の提出が必要になります。   今回は、住宅ローンを組む時に知っておきたい4つの流れをご紹介します。 1 事前審査 まず、住宅ローンが通るかどうかを事前に確認するために事前審査というものを行います。   この事前審査は工事請負契約の前に行い、施工会社に見積もりとプランを出してもらったものを金融機関に提出します。   事前審査にかかる期間の目安としては1~2週間程度とされていますが、金融機関によって様々です。 審査でチェックされる内容は? 主に以下の内容が審査されます。 年齢:借り入れた時と完済する時のそれぞれの年齢 年収:金融機関によって様々ですが最低でも100万円以上としている所が多い 勤続年数:今の会社に何年勤めているか 返済負担額:年収に占める住宅ローン返済の割合 融資可能額:建てる物件に対してどれくらいを住宅ローンでまかなうのか 2 住宅ローンの申し込み 事前審査が通れば施工会社と工事請負契約を結んで、住宅ローンを申し込みます。   申し込みの時に必要になる主な書類は以下の通りです。 住民票(本人と家族全員は記載されたもの) 印鑑証明書 印鑑証明書に使った実印 本人を確認できるもの(運転免許証や健康保険証など) 収入証明資料(源泉徴収票や確定申告書など) 残高確認ができるもの(預金口座通帳など) 3 本審査 本審査は金融機関の他に、信用保証会社や生命保険会社が主に審査を行います。   信用保証会社とは、万一の場合に住宅ローンが支払えなくなった時に住宅ローンを金融機関に代わりに支払う会社のことです。   主に審査で重要視するところは返済能力や物件の担保価値です。   本審査にかかる期間の目安としては1週間程度です。 4 融資実行 本審査が通ればローン契約を結んでいよいよ融資を受けます。   ここで注意してほしいことは、住宅ローンは建物を担保にするので、基本的には住宅が完成していなければ融資を受けることができません。   注文住宅の場合は工事の進行状況に応じて支払いが必要になってきます。   支払うパターンは施工会社によって様々ですが、3~4回に分けて支払うところが多いです。   例えば・・・ 請負契約時に10% 着工時に30% 建築中に30% 完成時に30%   そこで、完成する前の支払いは「つなぎ融資」を利用して支払う場合があります。   ちなみに、つなぎ融資は借り入れている間は金利のみを支払い、住宅が完成して融資が可能になった住宅ローンで精算する形になります。   金融機関によっては、つなぎ融資を取り扱っていないところもあるので確認が必要です。 最後に 事前に流れをある程度、把握できていれば慌てることもありませんね。   今回の住宅ローンの4つの流れを参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-02 02:20:00
ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは?4つの特徴やメリットは?
// 皆さんは、ゼロエネルギー住宅というものを聞いたことはありますか?   ZEHやゼロエネ住宅とも呼ばれていて、今後新築住宅はこのゼロエネ住宅が標準になってくると言われています。   現在、弊社では台東区上野桜木にてゼロエネルギー住宅の新築工事を行っています。   ★現場レポートブログはこちら⇒「台東区上野桜木の家」   工事は順調に進んでいますよ。   さて、このゼロエネルギー住宅(ZEH)とは一体どのような住宅なのでしょうか?   今回は、ゼロエネ住宅の4つの特徴やメリットをご紹介します。 ゼロエネ住宅とは? ゼロエネ住宅とは、家全体の消費エネルギーをゼロにするという住宅です。   簡単に言うと光熱費を0円にするというものなのですが、人が暮らしていれば当然、エネルギーを消費しますよね。   ですから、ゼロエネ住宅は省エネによってエネルギーを抑えるだけでなく、消費したエネルギーと同じエネルギーを創ること(創エネ)が定義となっています。   まとめると・・・ 省エネの性能を高めて消費エネルギーを削減 創エネによって消費したエネルギーと同等のエネルギーを創る   これにより、家全体の消費エネルギーを実質ゼロにして光熱費のかからない住宅にすることをゼロエネルギー住宅といいます。 ゼロエネ住宅の4つの特徴は? ゼロエネ住宅には4つの特徴があります。   省エネ、断熱性、創エネ、蓄エネの4つの特徴をそれぞれご紹介します。 1 省エネ 省エネは家全体の消費電力を抑えて減らすことが目的です。   そのため、省エネ性の高い空調機器や照明を取り付ける必要があります。   また、HEMS(ヘムス)と言って、家でどれくらい電力が消費されているか、また創られているかなどの利用状況をネットワーク上で把握してコントロールするエネルギー管理システムも利用します。 2 断熱性 住宅自体の断熱性能を高めてエネルギーの消費を抑えます。   断熱性を高めるには、壁や天井に使う断熱材の性能を高めて、窓をLow-eガラスや断熱サッシにして断熱性能を上げていきます。   これにより、冬は暖かく夏は涼しい住宅になるので、消費エネルギーを抑えることが可能になります。 3 創エネ 太陽光発電やエネファームなどの自然エネルギーを利用して新しくエネルギーを創りだすことです。   この創エネがゼロエネ住宅の最も大きな特徴となっています。   創エネによって、消費したエネルギーと同等のエネルギーを創りだすことで光熱費を実質ゼロにすることができます。 4 蓄エネ 電力を貯めて発電時間以外にも使うことができます。   これにより、消費電力の多い日中に蓄電池などに貯めてある電力を使用することが可能です。 ゼロエネ住宅の3つのメリット ゼロエネ住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか?   3つのメリットをご紹介します。 1 光熱費がかからない 家全体の消費エネルギーを実質ゼロにできるので光熱費がかかりません。 2 快適な住まい 住宅自体の断熱性が高いので、冬は暖かく夏は涼しい快適な住まいになります。 3 売電収入を得ることが可能 創エネによって創った電力を売ることで、収入を得ることが可能です。 最後に 国は2020年までにはこのゼロエネ住宅を一般的な新築住宅の仕様にすることを目標にしています。   これから家づくりをする方は、このゼロエネ住宅を知っておきましょう。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-06-01 02:47:00
住宅ローンの基礎知識 3つの金利タイプをご紹介
// 注文住宅を建てる時には数千万円単位の多額な費用がかかります。   その多額な費用を自己資金のみで用意できる人は少なく、ほとんどの人は住宅ローンを利用して家づくりを行うと思います。   今回は、住宅ローンの基礎知識として3つの金利タイプをご紹介します。 住宅ローンとはどのようなもの? 住宅ローンとは、住宅を購入する目的に限って、土地や家屋を担保として銀行などの金融機関からお金を貸りることができます。   貸してくれる金融機関には銀行の他にも、保険会社や住宅ローンを専門に扱っている会社などがあります。   住宅ローンを借りるためには様々な条件があり審査を受けることになるのですが、借りる額が大きいので審査が厳しい場合があります。 3つの金利タイプ 住宅ローンには主に3つの金利タイプがあります。   それぞれの特徴をご紹介します。 1 全期間固定金利型(固定金利タイプ) 借入時の金利が返済期間を通してずっと適用されます。   ですから、返済が終わるまで金利が変わらないのが大きな特徴です。   ■メリット 借り入れた後に金利が上がっても借入時の金利が適用される 金利が一定なので返済計画が立てやすい   ■デメリット 反対に借り入れた後に金利が下がっても返済額は変わらない 金利が高い時に借り入れてしまうと返済終了まで高い金利で返済し続ける 2 変動金利型(変動金利タイプ) 金融情勢の変化によって、返済の途中でも定期的に金利が変わるのが特徴です。   基本的に半年ごとに金利が見直されて、5年毎に返済額が変わる場合が多いです。   ■メリット 借り入れた後に金利が下がった場合はその金利が適用される 一般的に借り入れる時の金利は固定金利型と比べると低い場合がある   ■デメリット 借り入れた後に金利が上がると返済額も増える 金利が変わるので返済計画が立てにくい 3 固定金利期間選択型(変動金利タイプ) 最初の3年間○%のように金利が一定の期間は固定されるタイプです。   一定の期間が過ぎると変動金利型になります。   ■メリット 一定の期間中は金利が変動しても変わらないのでその間は返済額を確定できる 期間が終了すると変動金利型となるので金利が下がると返済額も減少する   ■デメリット 期間が終了した後に金利が上がると返済額は増える 期間が終了して変動金利に変わると返済額が確定しない 最後に 住宅ローンの3つの金利タイプをご紹介しました。   家づくりをご検討中の方は是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-27 01:59:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。   また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。 2 キッチンの収納は「吊るす」 キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。   しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。   ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。   鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。 3 壁面に見せる収納を 何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。   壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。   壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。   ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。 4 目線よりも低い家具にする 部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。   なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。   ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。 5 デッドスペースを探す 収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。   家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。   狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。 最後に 限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。   今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。 ブログ一覧へ戻る
更新日:2016-05-25 00:27:00
狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント
// 狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?   たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。   そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。 1 ベッド下を有効活用する 狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。   ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。   しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。   何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合̆